マツエク メイク アイメイク

マツエク中のアイメイクってどうすればいい!?マツエクを長持ちさせるメイク法

マツエク,アイメイク,メイク

 

せっかくマツエクで目力アップしているので、マツエクを生かしたアイメイクをしてよりアピールしたいですよね。そしてどうせなら長持ちさせたい!

 

そんなマツエク中のメイクの仕方についてまとめました。

 

 

アイシャドウ

まずはアイシャドウについてです。
目元のベースとなるアイシャドウはベージュ系・薄いピンク・オレンジ・淡いブラウンなど、肌に馴染む色をオススメします。

 

パールの入ったシャドウも目元が華やかになるので良いでしょう。

 

 

逆に濃い色のシャドウを入れてしまうと、せっかくのマツエクがかすんでしまったりと残念な結果になってしまうので注意しましょう。

 

アイシャドウを塗る際は、ブラシよりもチップを使うことをオススメします。

 

 

アイライン

次にアイラインです。
アイライン一つで目元の印象は一気に変わりますよね。

 

アイラインは目のキワに引くのでペンシルタイプだとマツエクに引っかかってしまい、うまく引けなかったり傷めてしまう恐れがあるため、マツエクをしている目にはペンシルタイプよりリキッドタイプのアイラインをオススメします。。

 

また、ジェルタイプのものだとマツエクとまつ毛の間に入り込んでしまい、ノンオイルクレンジングでは落としづらいのでなるべく避けたほうが良いでしょう。

 

そして、尚且つウォータープルーフではなく、お湯で落ちるタイプのもの、またはマツエク専用のアイライナーを選ぶと良いでしょう。

 

アイライナーの成分によってはマツエクが外れやすくなってしまうものもあるので注意しましょう。

 

無理に描こうとせず、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようにしましょう。

 

 

ビューラー

マツエクが外れる直接の原因にも成り得るのがビューラーですよね。

 

マツエクをつけているときのビューラーの使用はなるべく避けたほうが良いでしょう。

 

ビューラーを使用することによってマツエクが折れたり傷んだり、更には外れるだけじゃなく地まつ毛と一緒に抜けてしまうという最悪の事態にもなりかねません。

 

 

それでもカールが欲しい場合はエクステ自体にカールが入っているものがあるので、そちらでカールをつけてもらうと良いでしょう。

 

カールが取れてきたりバラバラになってきたとき、地まつ毛にカールをつけたい時は、整えるように軽くホットビューラーを使うと良いでしょう。

 

その際は挟むタイプではなく、まつ毛の下にあてて持ち上げるタイプのものを使いましょう。

 

 

マスカラ

クレンジングのことを考えると特に慎重になるのがマスカラですよね。

 

基本的にマツエクをしている場合には長さ・ボリュームともに十分あるのでマスカラは必要ありませんが、『ばっちりメイクを決めたい!』『エクステをしたわりには寂しい…』というときには、エクステの天敵「油分」の入っていないマスカラを選びましょう。

 

 

ウォータープルーフは厳禁です!

 

落とすときにマツエクに負担がかかるので、最悪の場合取れてしまう事があります。

 

 

そのためにも、マツエク専用のマスカラ、水で簡単に落とせるタイプのマスカラの使用をオススメします。

 

 

マスカラを塗るときは地まつ毛とエクステの接着部分である根元を避け、真ん中から毛先に向かって塗りましょう。

 

根元の段差部分にマスカラが残り眼病の元になってしまうことがあります。

 

 

マツエク中のアイメイクはクレンジングこそが長持ちの秘訣!

マツエクをしているときに注意するべきなのはメイクの方法だけじゃありません。
そのメイクを落としてくれるクレンジングこそが最も重要です!

 

マツエクを長持ちさせるクレンジングの選び方についてはコチラをどうぞ^^