マツエク クレンジング 選び方

マツエクに強いクレンジングを選ぶための4つのポイント

擦らずに落とせる

擦るとその分、マツエク部分にも力が加わって
外れやすくなってしまいます。

 

ですがアイメイクは濃い色を使うことが多い場所です。

 

洗い残して色素沈着してしまうのを防ぐためにも、
アイメイクはきちんと落としたいところです。

 

 

そのためにも、強く擦らなくてもメイクを浮かせてくれる、
メイク馴染みが良いクレンジングを選びましょう。

 

 

すすぎの時に水で流しやすい

メイク馴染みと同じ理由で、
メイクを馴染ませたクレンジング料をすすぐ時にも
スッキリと洗い流しやすいものが良いです。

 

マツエクをなるべく強く触らなくて済むというのは大きなポイントです!

 

 

シートやコットンでの拭き取りは引っかかりやすいので避ける

マツエク,クレンジング,選び方

シートタイプのクレンジングは
マツエクがついていても
メイクを拭き取りやすそうですよね。

 

ですが、シート自体が引っかかることで
マツエクが取れたりズレたりすることがあります。

 

 

コットンに染み込ませて使用する
ローションタイプも同じです。

 

シートタイプは意外とオイルを多く含んでいますし、
拭き取るときの摩擦でお肌を傷つけてしまうので避けたほうが無難です。

 

 

油分はNG。オイルフリーのクレンジングがベスト!

最大のポイントはやはりオイルフリーということです。

 

オイルフリーとオイルインでは、持ちの長さが断然違います。

 

少しずつグルーを溶かし、マツエクを浮かせ、
外れやすくしてしまう原因の油分が含まれているクレンジングと
マツエクにも対応しているオイルフリーのクレンジング。

 

マツエクを長持ちさせたいのならオイルフリーのクレンジングは欠かせません。

 

 

クレンジングをマツエクに適したものに変えると長持ちする

マツエクって注意してるつもりでも取れちゃうの早くないですか?

 

マツエクが外れてしまう原因はたくさんありますが、
中でもクレンジングが大きな原因になっているかもしれません。

 

クレンジング料はマツエクにも直接ついてしまうので、
相性の悪いクレンジングだとマツエクが取れやすくなるんです。

 

 

持ちの悪い方は2週間も持たないこともあるようですが、
長いとマツエクが2ヶ月ほど持つ方もいらっしゃるようです。

 

 

2ヶ月も持ってくれたら、美容代も節約できるし、
メイク時間の短縮にもなるし、いい事だらけですよね!

 

せっかく付けたんだから、
できるだけ長く、キレイなままで保っていたいですね!

 

 

上記の条件を満たしたマツエクに最適のクレンジング