マツエクの寿命が短くなる!クレンジングオイルを使うのはやめましょう。

マツエク,クレンジングオイル

 

マツエクを付けるのに使っているグルー(接着剤)と油は相性が悪いため、
マツエクにクレンジングオイルはおすすめ出来ません。

 

油はグルー(接着剤)を溶かしてしまうので、
マツエクが外れやすくなってしまうんです。

 

 

マツエクに油分が付いたからといってすぐに外れるわけではありませんが、
オイル(油分)と反応したグルーが少しずつ溶けていき、気泡ができてしまいます。

 

すると、まつげとピッタリ接着されていたマツエクが徐々に浮き始め、
最終的には取れてしまうんです。

 

 

クレンジングオイルOKのグルーもありますが、
グルーの濃度(強度)がいくらか高いだけで、
油分によってジワジワと溶かされていることに変わりはありません。

 

逆に言うと、
クレンジングオイルOKのグルーなら、
オイルフリーのクレンジングを使って正しいケアをしてあげれば、
マツエクは更に長持ちします。

 

 

マツエクOKのクレンジングオイルなら使っても良い?

マツエクOKのクレンジングオイルについても同じです。

 

油が主成分のクレンジングオイルとオイルフリーのクレンジング、
どちらの方が長持ちするかを考えると、やっぱりオイルフリーですよね。

 

 

アイメイク以外のメイク落としにはクレンジングオイルを使っても大丈夫?

マツエクに油分がつかなければ大丈夫です。

 

その場合はコットンや綿棒などを使って、
ふき取りタイプのクレンジングでアイメイクだけ先に落としておくと良いです。

 

コットンやシートがマツエクに引っかかると、
マツエクが外れる原因になってしまうので十分に気をつけてください。

 

 

油分が含まれているクレンジングはオイルだけではありません

マツエク,クレンジングオイル

実はクレンジングクリームやクレンジングミルクにも油は含まれています。

 

油性のクレンジングジェルもそうですし、
クレンジングローションやシートにも含まれています。

 

しかもクリーム、ミルク、油性ジェルは意外にも半分以上が油分です。

 

 

クレンジングオイルだけがマツエクに適していないというわけではなく、
油分が含まれているものは全てNGですので、
なるべくオイルフリーを選ぶようにしましょう。

 

 

マツエクに強い、最適のクレンジングについてはこちら